病院やクリニックでかかるAGA治療費

いまやどの年代でも薄毛が目立つとされる男性型脱毛症(AGA)は、医療機関でも専門外来を設置するなど、一般でも広く認知される症状です。
そのおかげか、AGA治療をしようと思えば、遠方まで足を運ばなくても、近くにある病院でも受けることができるようになっています。
しかし、それにかかる費用が問題で、実際に治療しようとしたらどのくらいの価格となるのか、予め知っておきたいと考える人も多いでしょう。
まず問題なのは、AGAの治療には様々な方法があるので、どの方法を選ぶかによります。

AGAの治療費

最も広く普及しており、インターネットでも多く言及されている一般的なプロペシアとミノキシジルによる薬物療法では、プロペシアで7,500円前後、ミノキシジルでは10,000円前後が必要です。
共に1ヶ月分の価格で、これに診察代などがかかり、一般病棟ではプロペシアのみを処方して9,000~15,000円くらいで、AGA専門クリニックでプロペシアとミノキシジルを併用する場合は20,000~30,000円ほどの費用となります。
頭皮に注射を行ってAGAを改善するメソセラピーでは1回につき50,000~100,000円かかり、1ヶ月に1回のみしか使用できません。
また似たような方法で成長因子を注入して、高い発毛効果を発揮するHARG療法では、1ヶ月のみといった方法は選べず、半年間の治療で初期コストとして100万円前後必要となることが多いため、1ヶ月あたりの費用にすると約16万円かかることになります。
こうした様々な方法がありますが、AGA治療における費用は、健康保険が適応されないので、全てが実費による支払いとなるので、あらかじめ予算を決めて治療を始めるのが良いでしょう。