AGAならプロペシアを服用するべし

男性型脱毛症とも呼ばれるAGAに悩む方には、プロペシアの服用が勧められています。

プロペシア

プロペシアの主要な有効成分は、フィナステリドと呼ばれるものです。このフィナステリドは、脱毛を促す男性ホルモンであるテストステロンを、ジヒドロテストステロンに変換する酵素を阻害するという重要な効能を備えています。これらAGAに悩む男性は、このプロペシアを毎日一錠服用することによって、脱毛の進行が抑えられ、毛髪の状態が改善されると報告されています。服用に関しては、食事の時間に左右されず服用できるという特徴があります。
プロペシアは一定の期間、服用し続けることが必要です。もちろん、人によって効果があらわれるまでの期間には違いがあるものです。しかし基本的に言って、三ヶ月以上の服用の後に、効果が実感できるようになると言われています。それで最善なのは半年以上の服用でしょう。仮に途中で服用を中止してしまうと、段々と効果が薄れていき、再び元の状態に戻ってしまうということです。このような状態になるのは、プロペシアを服用することによって抑えられていた酵素が再び働くようになるためです。結果として、毛根がダメージを受けるようになり、AGAが再び引き起こされるというわけです。そこでAGAの進行を抑えるためには、是非ともプロペシアの服用を続けるようにしたいものです。
このように、AGAに効くプロペシアは医薬品であるため、医師による処方を必要としています。しかしたいへん残念なことに、偽造薬も流通しているという報告がなされています。万が一、偽造薬を服用してしまうと、重大な健康被害が出る可能性もありますから、購入や服用に際しては十分な注意が必要でしょう。